アリゾナで看護師してま~す


by aznurse

看護学生

Fall学期が始まったので、又看護学生達が戻ってきて、ちょくちょくとうちのフロアーに現れる。 大抵木曜日土曜日と私が仕事中に来るので、生徒の姿を見るとうげ~となる。 

自分も生徒だったけど、最近の生徒って、“何なのその態度!”って族達ばかり。 コールライトは無視。コンピューターの前に当たり前の様に座ってペチャクチャ。 

私が生徒の時は、椅子に座る時は自分の看護師と他には本当に誰も居ない時。 看護師が忙しい時はすぐさま手を差し出す。 コールライトは全て対応。 コンピューターを使っている時も、誰かが来たら直受け渡す。 云われてからするのでは無く、言われる前に何かできないか聞く、あれこれ。 自分の看護師だけでは無く、他の看護師が助けを必要としていれば直さま助っ人。 これって普通でしょ? 

のたりくらりしている生徒に尽くす時間なんて無い。 よって、生徒が来るとその生徒の性格によって、私はほったらかすか教えるとなる。 最近の生徒はインストラクターが楽をしたいのか、自分の患者と云うのが居ない=患者の事前勉強無し。 朝のシフトチェンジの時に生徒に“自分の患者はいるの?” と聞けば、“患者は居ないし、今日は初日だから、ただ後を付け回るだけで良いの。”“患者は与えられてないから居ないし、別に患者は居なくて良いから、ただ後を付け回るだけです。”とくる。 この言葉でムカムカ~とくる私。 大人気無い。 こんな生徒が看護師になるから、患者の事を考えない、コールライトに答えない族が沢山出てくるんだ! よって、生徒にはいつも、“私は動くの早いからね。それと、コールライトが鳴ったら対応しなきゃ駄目だからね。”と云っている。 これは“付いて来れないなら知らないから”って意味なのさ。


薬を与える時も、薬が何なのかを知らない族。 自分で調べるって事を知らないのか!? Block3でそんな事でどうするんだ? 


木曜日はBlock3の生徒。 これまた役立たずの男生徒。 DTがある患者に薬をあげるのは初めてだったらしいが、アドバイスをしても直忘れる。 

土曜日はBlock2の生徒だったが、この生徒は良い看護師になると思う。 コールライトにも応答。 私の後を付いて回り、色々と質問してきたり、積極的にやらせてくれますか?と。 あ~こんな生徒なら大歓迎! 血液採取をしなければいけなかった患者はもちろん肝臓患者でHard stickだが、やりたいと云われたらやらせる私。 結局針を入れたものの、血管に当たらずだったので、私がその後を引き受け採取完了。 何事もやらずじまいでは出来ずじまいなので、血液採取にIVは数をこなさないとね。 Block2なので、IV関係はできないので、その他を全部生徒にさせた私。 患者の看護中に色々と説明したり、クイズをしてみたり、色々とアドバイスを与えた。 一人の患者がICUに移動となり(Encephalopathyの為、Airwayの確保とAspirationを防ぐ為に)、NGTも入れさせる事に。 この生徒は最近NGTを習ったとかで、まだ入れた事は無いので、患者がEncephalopathyの意識朦朧状態での投入は楽にいった。 この時気をつけないといけないのは管が口の中でグルグルになる事なんだけど、患者は口を開けてみてと云えば朧に口を開ける事が出来てきちんと先に進んでいる事が確認できた。 NGTのテープの仕方も教えて、これでリストもチェックできたねって。


結局この患者の移動の為に忙しい中、他の患者2人を退院させなくてはいけなかった私がブンブンと走り回っていたので、暫く姿が見えなかった生徒はきっとお昼を食べに行ったのだろうと思っていた私。 

3時半頃横に来た生徒に“お昼食べた?”と聞けば、

“ううん、まだ。でも後少しでインストラクターと会う時間だから。”ってくるじゃないの! 

“え~! 食べてないの? 何で?何時も生徒は12時頃に食べに行くから、とっくに食べたと思ったのに。 私の真似しなくても良いんだよ!” 

“だって、見逃したくなかったから。大丈夫です。” 

周りに居た同僚も、“この子はね、何時もお昼は夕食になってるんだから、私達はお腹が空けば直食べちゃうけどさ~ この子はいつも患者達に必要な事が無い時にしかお昼取らないのよ~”

お昼休み取ってる時にカバーしてくれる同僚が自分の患者の世話を頼むとしなければいけない事が出来てないからさ~ 結局そう言う事になるのよ~

って事は、私が姿を見かけてなかった間は、立派にコールライト対応に他の看護師のお手伝いをしていたって事。 あっぱれ~! 

結局私のこの日の昼は4時過ぎとなったが、最終的に患者一人となったので、お昼/夕飯の後は他の同僚のお手伝い。


生徒が居ると色々と面倒で、時間ばかりくうんだけど、こんな生徒だったら何時でも大歓迎。
[PR]
by aznurse | 2011-09-26 03:56 | 仕事